上映中

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・オペラ『運命の力』

オペラ界の2大スターが共演!

上映スケジュール
英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・オペラ『運命の力』



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・オペラ『運命の力』

18世紀中葉のスペインとイタリア。貴族の名家に生まれたレオノーラはインカ帝国の血を引くドン・アルヴァーロと恋仲だが、二人が駆け落ちしようとした夜にレオノーラの父侯爵に計画が発覚し、ドン・アルヴァーロが攻撃する意図がないことを示すために床に投げた銃が暴発して侯爵の命を奪ってしまう。恋人達は離れ離れに。親の仇であるドン・アルヴァーロを執念深く追うレオノーラの兄ドン・カルロ。レオノーラは修道院の扉を叩き、山中の庵に身を隠して一人で神に祈る生活を選ぶ。運命は最後に愛し合う二人をもう一度めぐり合わせてくれるのだが…。


解説

ヴェルディの《運命の力》は1862年にロシア、サンクトペテルブルクの帝室歌劇場で初演された。現行版の初演は1869年ミラノ・スカラ座。ロシアからの依頼を受け、ヴェルディが自分の望む題材で書いたオペラだ。美しい旋律で有名な序曲から始まり、過酷な〈運命〉に翻弄される主人公たちのドラマが息をもつかせぬ展開となる。ネトレプコが情感豊かに愛ゆえに苦悩するヒロインを歌い、カウフマンはドン・アルヴァーロの暗い情熱を体当たりで演じる。敵役であるレオノーラの兄ドン・カルロに最高のバリトン歌手ルドヴィク・テジエ、僧院長にはフェルッチョ・フルラネットを迎え、ロイヤル・オペラの音楽監督パッパーノの指揮というこれ以上ない布陣だ。演出はクリストフ・ロイ。映像を巧みに使い、モダンな切り口ながら敬虔な精神性を損なわない舞台が評価された。(作品資料より)


公開日2019年5月24日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて
配給東宝東和
制作国イギリス (2019)
ジャンルMusic/ミュージカル 
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト作曲:ジュゼッペ・ヴェルディ
演出:クリストフ・ロイ
指揮:アントニオ・パッパーノ
出演:アンナ・ネトレプコ/ヨナス・カウフマン/ルドヴィク・テジエ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP