上映中

ゲンボとタシの夢見るブータン

世界で初めて劇場公開するブータン人作家によるドキュメンタリー

上映スケジュール
ゲンボとタシの夢見るブータン
ゲンボとタシの夢見るブータン
ゲンボとタシの夢見るブータン



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ゲンボとタシの夢見るブータン

ブータンの小さな村に暮らす長男ゲンボ(16歳)は、家族が代々受け継いできた寺院を引き継ぐために学校を辞め、戒律の厳しい僧院学校に行くことについて思い悩む。自らを男の子だと思い、ブータン初のサッカー代表チームに入ることを夢見る妹のタシ(15歳)は、自分の唯一の理解者である兄に、遠く離れた僧院学校に行かないでほしいと願う。父は、子供たちが将来苦労することなく暮らせることを願い、ゲンボには出家し仏教の教えを守ることの大切さを説き、タシには女の子らしく生きる努力をすることを諭す。思春期の子供たちは自分らしい生き方を模索するが、それが何かはまだわからない。急速な近代化の波が押し寄せるブータンで、子供たちの想いと、親の願いは交差し、静かに衝突する…。


解説

急速な近代化に直面する、“世界一幸福な国ブータン”の、2世代による異なる夢や価値観を描いたドキュメンタリー。仏教と共に在る人生を送り、「GNH=国民総幸福量」を求めることを大切にしてきた親世代に対し、子世代は多様な価値観を持ち、自分たちらしい生き方があると信じる。少年少女の青春と、親の子を想う気持ちが交差する、どの世界にもある家族の葛藤を描いた素朴で愛らしい作品となっている。(作品資料より)


公開日2018年8月18日よりポレポレ東中野ほか全国にて順次公開
配給サニーフィルム
制作国ブータン=ハンガリー (2017)
ジャンルドキュメンタリー 
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト監督:アルム・バッタライ/ドロッチャ・ズルボー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP