上映中

ゲッベルスと私

最も冷酷な戦争犯罪者の元秘書に肉薄する

上映スケジュール
ゲッベルスと私
ゲッベルスと私
ゲッベルスと私



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ゲッベルスと私

ブルンヒルデ・ポムゼルは、1942年から終戦までの3年間、ナチスの宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスの秘書として働いた。父の思い出、初恋やユダヤ人の友人の話、そしてゲッベルスについての事を、103歳とは思えぬ記憶力でカメラに語りかける。「私は、言われたことをタイプしていただけ」と語りながらも、ポムゼルは時折、表情を強張らせて慎重に言葉を選んでいく。それは、ハンナ・アーレントにみる“悪の凡庸さ”を思い出させる。


解説

ナチス政権の国民啓蒙・宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルスの秘書を務めたブルンヒルデ・ポムゼルが、終戦から69年の沈黙を破り、撮影当時103歳にして初めて取材に応じたドキュメンタリー。インタビューを敢行したのは、クリスティアン・クレーネス、オーラフ・S・ミュラーら4人の監督たち。いくつもの高精度カメラは、ポムゼルの深く刻まれた顔の皺や表情だけでなく、瞳の奥に宿す記憶をも鮮明に捉える。近代史最大の戦争犯罪者のひとりであるゲッベルスに誰よりも近づいた彼女の、30時間に及ぶ独白を通し、戦時下における人道の危機や抑圧された全体主義下のドイツ、恐怖とともにその時代を生きた人々の姿を浮かび上がらせていく。随所に挿入される、世界各国で製作されたさまざまなアーカイヴ映像も興味深い。


公開日2018年6月16日より岩波ホールほか全国にて順次公開
配給サニーフィルム
制作国オーストリア (2016)
ジャンルドキュメンタリー 戦争
公式サイト公式サイトはこちら
スタッフ・キャスト監督:クリスティアン・クレーネス/フロリアン・ヴァイゲンザマー/オーラフ・S・ミュラー/ローラント・シュロットホーファー
出演:ブルンヒルデ・ポムゼル


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP