ホルテンさんのはじめての冒険

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ノルウェー鉄道の運転士、オッド・ホルテン(ボード・オーヴェ)は、オスロの線路沿いのアパートに住んでいる。今朝も早起きして作った弁当とコーヒーを入れたポットをカバンに詰め、出がけに小鳥の籠に布を掛ける。だが、そんな規則正しい生活も67歳の定年を迎える今週末で終わろうとしていた。退職前夜、ホルテンは送別会で約40年の勤続を表彰される。同僚のアパートでの二次会、ホルテンがタバコを買いに行って戻ると建物の玄関から入れず、工事用の足場を伝って目指す最上階のひとつ下の階に侵入。その家の子供に引き留められ、朝まで眠りこけた彼は、運転するはずの列車に乗り遅れてしまう。人生初の遅刻に混乱するホルテンだったが、気を取り直して老人ホームにいる母ヴェラを訪ねる。もう息子の顔を覚えていない母も少女時代はスキージャンパーで、今もスキー板を大事にしていた。ホルテンは、空港職員フロー(ビョルン・フローバルグ)に電話をかけ、以前からオファーされていたヨットを売却する意思を伝える。ところが、フローとの商談で売却の決意が揺らぎ、トイレへ行くと言って逃げ出した途中、愛用のパイプをなくしてしまう。行きつけのタバコ屋へ行くと、店主の夫人(ギタ・ナービュ)が、夫は先週他界したと告げる。一緒に水泳をした店主を思い出しながら、夜のプールへ行ったホルテンは、誰もいないプールで泳ぐ。水からあがると、ロッカー前に置いたはずの靴がない。仕方なく彼は赤いハイヒールを履いて外に出る。路上に横たわっている老人シッセーネル(エスペン・ションバルグ)と出会ったホルテンは、彼を家まで送っていく。ホルテンが、母が女であるためにスキージャンプ国際大会出場の夢を果たせず、自分は勇気がなくて母を失望させたと打ち明けると、シッセーネルは「人生は手遅ればかりだが、逆に考えれば何だって間に合う」と語る。そして、彼は特技だという目隠しドライヴにホルテンを誘った……。


解説

勤続40年の鉄道運転士が定年退職日に風変わりな人々や予期せぬ出来事に遭遇することによって、新たな人生の一歩を踏み出す姿を描くコメディドラマ。製作・監督・脚本は「酔いどれ詩人になるまえに」のベント・ハーメル。出演は「デュカネ 小さな潜水夫」のボード・オーヴェ、「愛の風景」のギタ・ナービュなど。


公開日2009年2月21日より
配給ロングライド
制作国ノルウェー (2007)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
プロデューサー
撮影
美術
音楽
音響効果
音響デザイン
音響ミックス
編集
衣装デザイン
字幕

キャスト

俳優名役名
ボード・オーヴェ (Baard Owe)Odd Horten (オッド・ホルテン)
ギタ・ナービュ (Ghita Norby)Mrs.Thogersen (トゥーゲルセン夫人)
エスペン・ションバルグ (Espen Skjonberg)Trygve Sissener (トリグヴェ・シッセネール)
ヘンイー・モーアン (Henny Moan)Svea (スヴェア)
ビョルン・フローバルグ (Bjorn Floberg)Flo (フロー)
カイ・レムロフ (Kai Remlow)Steiner Sissener (スタイネル・シッセネール)
ペール・ヤンセン (Per Jansen)Head of Engineers (運転士長)
ビャルテ・イェルメラン (Bjarte Hjelmeland)Train Conductor (車掌)
ガールド・エイツヴォル (Gard B. Eidsvold)Stinesen (スティーネセン)
トロン=ヴィッゴ・トルゲルセン (Rrond-Viggo Eidsvold)Opsahl (オプサール)
ラーシュ・オイノー (Lars Oyno)Man With Frozen Salmon (サーモンを持つ男)
アネッテ・サーゲン (Anette Sagen)Young Vera Horten (ヴェラ・ホルテンの少女時代)
ビョルン・イェンセグ (Bjorn Jenseg)Waiter (ウェイター)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP