ユッスー・ンドゥール 魂の帰郷

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ユッスー・ンドゥール。サッカーワールドカップ・フランス大会の公式賛歌やTVCMなどを通じて、日本でも名の通ったセネガル出身の世界的ミュージシャンである。ラテンミュージックやジャズ、ブルースに自分の音楽との共通性を感じた彼は、今を生きる黒人が苦痛に満ちた過去をどう受け止め、生きていくかを示すため、“ジャズ”をテーマに“根源への回帰・民族の記憶を辿る旅”に出ることを決めた。盲目のジャズピアニスト、モンセフ・ジュヌを音楽ガイドに、2人でアトランタからニューオリンズ、ニューヨーク、ルクセンブルグ、そして祖国セネガルのゴレ島へと向かう。道中、数多くの著名人や様々なミュージシャンと出会うユッスーとモンセフ。アトランタのゴスペル歌手W・マイケル・ターナーJr、ニューオリンズのドラム奏者アイドリス・ムハンマド、ニューヨークではコントラバス奏者ジェームズ・カマックや詩人アミリ・バカラ……。彼らとセッションや対話を繰り返しながら旅は続く。それは、過去・現在・未来といった時間的なものだけではなく、大陸や文化といった地理的・物理的な違いをも越え、音楽を通じて共存する新しい道を照らし出す旅でもあった。やがて辿りついた最終目的地、ゴレ島。アフリカ西端にあるこの島からは、かつて奴隷貿易により1500万〜2000万もの黒人奴隷がアメリカへ送られ、600万人が亡くなったという。別れを惜しみ、魂の嘆きを込めた彼らの音楽が、海を越えやがて世界中に広まっていったのだ。ユッスーが各地で出会ったジャズやゴスペルといった音楽のルーツがここにあった。多くの犠牲者を出したゴレ島へ帰ってきたユッスー・ンドゥール。その魂の歌声が響く……。


解説

グラミー賞受賞の世界的ミュージシャン、ユッスー・ンドゥールが、世界各地のミュージシャンと出会いながら黒人音楽のルーツを探るロードムービー。アメリカ、ヨーロッパ、祖国セネガルのゴレ島へと続く旅の中で、奴隷貿易と黒人音楽の繋がりが明かされてゆく。監督はニューヨーク大学映画学科出身のピエール・イヴ・ボルジョー。


公開日2009年2月14日より
配給アルシネテラン
制作国スイス (2006)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
プロデューサー
撮影協力
音楽
編集
特別出演

キャスト

俳優名役名
ユッスー・ンドゥール (Youssou N'Dour)
モンセフ・ジュヌ (Moncef Genoud)
アイドリス・ムハンマド (Idris Muhammad)
ジェームス・カマック (James Cammack)
ハーモニー・ハーモニアーズ (Harmony Harmoneers)
モンク・ブードロー (Monk Boudreaux)
グレゴア・マレ (Gregoire Maret)
ピエン・スレッドギル (Pyeng Threadgill)
アーニー・ハムメス (Amiri Baraka)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP