容疑者Xの献身

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

花岡靖子(松雪泰子)とその娘の美里が暮らすアパートに、元夫の富樫慎二が現れた。引っ越しを繰り返しても居場所を突き止めては金の無心に来る富樫は、花岡親子にとって疫病神だった。大喧嘩の末、二人は富樫を殺害してしまう。その気配を察した隣の部屋の住人の石神(堤真一)は、花岡親子を救うためのトリックを考案する。天才的数学者でありながら家庭の事情で高校教師を務め、人生に絶望していた石神にとって明るい花岡親子の存在は唯一の心の支えだったのだ。内海薫刑事(柴咲コウ)の管轄内で富樫の死体が発見された。殺人事件として調査が開始され、別れた妻である靖子が浮かびあがった。しかし、死亡推定時間に靖子は美里と街の劇場で映画を鑑賞していたアリバイがあった。その半券までもが保管されていたことに、内海はかえって疑念にとらわれる。内海とコンビを組む草薙(北村一輝)は、帝都大学理工学部で准教授を務めるガリレオこと湯川学(福山雅治)に捜査協力を求める。容疑者である靖子の隣人が石神と知って、湯川は驚いた。二人は、同じ帝都大学の同級生だったのだ。17年ぶりに石神と再会する湯川。そして、石神が過ごしてきた孤独な半生を知る。明らかに事件の犯人は靖子であり、石神が幇助していた。それに気がつきながらも、湯川は石神への友情を再確認する。靖子への容疑が高まる中、「自分が犯人だ」と主張する石神が自首してきた。それは、靖子を庇うための石神の献身だった。石神を本物の天才と評価する湯川は、強引に取調室へと面会に訪れて真意を訊ねる。しかし、石神の決意は固かった。石神が移送されようとする時、現れたのは靖子だった。石神だけが罰されようとすることに耐えきれなかった彼女は、そこですべてを告白する。富樫の死体だと思われていたのは、浮浪者のものであり、富樫の殺害された日は実は靖子母娘が映画を見に行ったというアリバイのある前日のことであった。事件は解決する。しかし、湯川の胸に残るのは虚しさだけだった。


解説

天才物理学者が、元同級生の天才数学者が考案した殺人事件のトリックに挑む。直木賞を受賞した東野圭吾の本格ミステリー小説を映画化。先行して「ガリレオ」としてテレビドラマ化されていたキャスティングがそのまま踏襲され、「ガリレオ」こと天才物理学者の湯川学に映画の主演は「ほんの5g」以来20年ぶりとなる福山雅治、女刑事の内山薫に「日本沈没」「どろろ」の柴咲コウが演じる。映画版のオリジナル・キャストに「クライマーズ・ハイ」の堤真一と、「フラガール」の松雪泰子。脚本は「海猿」シリーズの福田靖、監督は「県庁の星」の西谷弘。


公開日2008年10月4日より
配給東宝
制作国日本 (2008)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
原作
エグゼクティブプロデューサー
企画
製作
プロデューサー
撮影
美術
音楽
主題曲/主題歌
録音
整音
音響効果
照明
編集
選曲
製作担当
監督補
助監督
スクリプター/記録
プロデューサー補
装飾

キャスト

俳優名役名
福山雅治 (Masaharu Fukuyama)湯川学 (ユカワマナブ)
柴咲コウ (Ko Shibasaki)内海薫 (ウツミカオル)
北村一輝 (Kazuki Kitamura)草薙俊平 (クサナギシュンペイ)
ダンカン工藤邦明 (クドウクニアキ)
長塚圭史 (Keishi Nagatsuka)富樫慎二 (トガシシンジ)
金澤美穂花岡美里 (ハナオカミサト)
益岡徹 (Toru Masuoka)葛城修二郎 (カツラギシュウジロウ)
林泰文 (Yasufumi Hayashi)柿本純一 (カキモトジュンイチ)
渡辺いっけい (Ikkei Watanabe)栗林宏美 (クリバヤシヒロミ)
品川祐 (Hiroshi Shinagawa)弓削志郎 (ユゲシロウ)
真矢ミキ (Maya Miki)城ノ内桜子 (ジョウノウチサクラコ)
松雪泰子 (Matsuyuki Yasuko)花岡靖子 (ハナオカヤスコ)
堤真一 (Shinichi Tsutsumi)石神哲哉 (イシガミテツヤ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP