愛おしき隣人

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ある住人は悪い夢を見た。爆撃機が襲来する夢である。ある夫婦はケンカをしている。妻は、「誰も私を理解してくれない」と泣き叫んでいる。夫は取り成そうとするが、妻は聞く耳を持たない。学校では、涙を流している女性教師に、生徒が心配して声をかける。教師は夫から“クソばばあ”と言われたことを嘆いていた。ある店の店員は夫婦連れの客に、妻とケンカしたと愚痴をこぼしている。しかし店員が彼の妻を“クソばばあ”と呼んだと言うと、客の妻は店員を責める。しかし店員は、妻から“高慢ちき”と呼ばれたと訴える。裁判所では、ある被告人の判決を下そうとしていた。1人の裁判官は終身刑にしようとする。しかし、もう1人の裁判官は死刑を主張する。そして死刑の判決が下される。判決を聞いた被告人は「これが人生さ」と受け入れる。ある部屋の男女。演奏家である男は稼いだ金すべてを退職基金に払ったが、回収できなくなった。そしてそれを銀行で「不運なできごと」と言われたと嘆く。ある少女は夢を見た。憧れのロック・スター、“ブラック・デヴィルス”のギタリスト兼ボーカルのミッケ・ラーションと結婚する夢である。夢の中で、少女の家の周りに集まってきているたくさんの聴衆は、彼女に祝福の言葉を述べる。少女は彼らに何者か尋ねる。すると聴衆は、「おめでとうを言うために来た」と答える。知らない大勢の人々に祝福され、少女は幸せだった。そんな住人たちが集う、とあるバー。1日の終わりにバーテンダーは言う、「さあ、みんなラストオーダーだ! また明日があるから!」


解説

北欧のとある街の住人たちを、とぼけた笑いと温かいまなざしで描く。監督は「散歩する惑星」のロイ・アンダーソン。出演者のほとんどが街でスカウトされた素人で、独特な世界観を体現している。2007年カンヌ国際映画祭ある視点部門正式出品、スウェーデンアカデミー賞グランプリ、監督賞、脚本賞受賞。


公開日2008年4月26日より
配給スタイルジャム=ビターズエンド
制作国スウェーデン フランス デンマーク ドイツ ノルウェー 日本 (0)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
プロデューサー
制作マネージャー
撮影監督
美術
背景画
音楽
録音
音声ミキサー
編集
衣装
キャスティング
助監督
大道具
特殊造形
小道具
日本語字幕

キャスト

俳優名役名
ジェシカ・ランバーグ (Jessika Lundberg)Anna (アンナ)
エリザベート・ヘランダー (Elisabeth Helander)Mia (ミア)
ビヨルン・イングランド (Bjorn Englund)Tubaplayer (チューバ吹き)
レイフ・ラーソン (Leif Larsson)Carpenter (大工)
オリー・オルソン (Ollie Olson)Consultant (コンサルタント)
ケマル・セナー (Kemal Sener)The barber (床屋)
ホカン・アンサー (Hakan Angser)The psychiatrist (精神科医)
ビルギッタ・ペルソン (Birgitta Persson)Tubaspelarens fru (チューバ吹きの妻)
グンナル・イヴァルソン (Gunnar Ivarsson)The buisnessman (ビジネスマン)
エリック・ベックマン (Eric Backman)Micke (ミッケ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP