怪談(2007)

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

江戸、深川。優しい心を持った美貌の男、煙草売りの新吉(尾上菊之助)は、母子ほど年の違う三味線の師匠、豊志賀(黒木瞳)への想いを募らせ、ついに二人は男女の一線を越えてしまう。夏になる頃には、豊志賀は新吉に惚れ込むあまり嫉妬深くなり、稽古にも身が入らない有様だった。彼女の妹、お園(木村多江)は姉を心配して新吉と縁を切るように頼むが、豊志賀は耳を貸さない。そんな中、豊志賀は三味線の撥で自分の顔を傷つけてしまった。傷は醜く腫れ上がり、豊志賀の形相はすっかり変わってしまう。彼女を必死に看病する新吉だったが、隅田川の花火の夜、偶然に豊志賀の弟子のお久(井上真央)と行き会い、彼女と一緒に江戸を出ようと心に決める。ちょうどその頃、豊志賀は「このあと女房を持てば必ずやとり殺すからそう思え」と書き残して息絶えた。新吉とお久は共に江戸を出るが、夜道でお久は半狂乱になってしまう。新吉はお久の顔が豊志賀に見えたため、恐怖のあまり草刈鎌を振り回し、お久を殺してしまう。行き倒れを発見された新吉は、お久の叔父の三蔵(津川雅彦)が主人の下総屋にかつぎこまれる。やがて新吉は、三蔵から、娘のお累(麻生久美子)の婿になって欲しいと頼まれる。だが縁談を断る新吉の目の前で、お累は囲炉裏の火で顔に火傷を負ってしまう。そんな彼女を見捨てることができず、新吉はお累と祝言をあげた。しかし赤ん坊が生まれてから、新吉は家に寄り付かなくなる。そして、お久殺しの真相を知っているという三蔵の妾のお賤(瀬戸朝香)に脅される。やがて揉み合いの中でお賤は三蔵を殺してしまった。新吉は下総屋の旦那になるが、酩酊した中でお累を絞め殺し、逃亡する中でお賤も死亡。すべてを失い瀕死状態となった新吉は、薄れゆく意識の中、累ヶ淵の濃い霧に包まれて豊志賀の霊と抱き合うのだった。


解説

三遊亭円朝の怪談落語「真景累ヶ淵」を原作に、因果応報に絡め取られた男女の激しい愛憎を描くホラー時代劇。出演は「犬神家の一族」の尾上菊之助、「東京タワー」の黒木瞳。監督は「リング」シリーズや「ラストシーン」の中田秀夫。


公開日2007年8月4日より
配給松竹/ザナドゥー
制作国日本 (2007)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
原作
製作総指揮
製作
製作担当
プロデューサー
撮影
美術監督
アートディレクター
音楽
音楽プロデューサー
録音
サウンドエフェクト
照明
編集
衣裳デザイン
キャスティング
ラインプロデューサー
助監督
記録
装飾
整音
視覚効果
特殊造形
特殊効果
殺陣

キャスト

俳優名役名
五代目尾上菊之助深見新吉
黒木瞳 (Kuroki Hitomi)豊志賀
井上真央 (Inoue Mao)お久
麻生久美子 (Aso Kumiko)お累
木村多江 (Kimura Tae)お園
光石研 (Ken Mitsuishi)勘蔵
清水ゆみおみつ
広田レオナ (Hirota Reona)おこう
西野妙子おせな
柳憂怜茂松
宇津宮雅代お定
絵沢萠子お筆
村上ショージ甚蔵
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)三蔵
一龍斎貞水講釈師
六平直政 (Naomasa Musaka)皆川宗悦
榎木孝明 (Takaaki Enoki)深見新左衛門
瀬戸朝香 (Seto Asaka)お賤
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP