ワン・デイ・イン・ヨーロッパ

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

「モスクワ/ロシア ロシアの老婦人はなんて世話好き」イギリスから仕事でモスクワに来たケイト(ミーガン・ゲイ)が、ホテルの近くでタクシーにぼったくられ、さらには強盗に遭う。途方にくれるケイト。たまたまその現場を見ていた老婦人(ルドミラ・ツヴェートコヴァ)と警察に被害届を出しに行くが、警察には暴れたサポーターが大勢いた…。「イスタンブール/トルコ このトルコ人の親切はありがた迷惑?」ドイツ人青年ロッコ(フロリアン・ルーカス)が、保険金目当てで、強盗に襲われたふりをする。そしてタクシー運転手セラル(エルダル・イルディズ)に出会い警察に。一刻も早く警察に行きたいロッコだが、セラルは現場に戻って犯人探し。途方にくれるロッコ。もちろん見つかるわけもなく警察に向かったはいいが……。「サンティアゴ・デ・コンポステラ/スペイン 陽気スペイン人VS悲観主義ハンガリー人」ハンガリー人巡礼者ガボア(ペーター・シェラー)の、最後の巡礼地はスペインのサンティアゴ・デ・コンポステラで、今まで各地で撮ってきたカメラを盗まれてしまう。途方にくれるガボア。さっそくそばにいた警察パレイラ(ミゲル・デ・リラ)に犯人を捜してもらおうとするが、何かと後回しにされる。「ベルリン/ドイツ フランス芸人は詐欺も一流?」フランスからドイツに来た大道芸人のカップル、クロード(ポリス・アルクワイア)とラシダ(ラシダ・ブラクニ)。車で旅を続けているが、車が故障してしまう。途方にくれる2人。保険金詐欺を思いついたクロードは、ガイド本片手に危険な場所を探そうとするが……。


解説

サッカーのヨーロッパ・チャンピオンズリーグ決勝戦の日、ヨーロッパ4都市に訪れた外国人旅行者の文化の違いを交えたエピソードを綴ったオムニバス。監督は「Berlin Is In Germany」(未)のハネス・シュテーア。出演は「ビヨンド the シー〜夢見るように歌えば〜」のミーガン・ゲイ、「グッバイ、レーニン!」のフロリアン・ルーカス、「女はみんな生きている」のラシダ・ブラクニほか。第55回ベルリン国際映画祭コンペティション部門ノミネート作品。


公開日2007年9月1日より
配給ユナイテッド・エンタテインメント
制作国ドイツ スペイン (2005)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
編集

キャスト

俳優名役名
ミーガン・ゲイ (Megan Gay)Kate (ケイト)
ルドミラ・ツヴェートコヴァ (Luidmila Tsvetkova)Elena (エレナ)
フローリアン・ルーカス (Florian Lukas)Rokko (ロッコ)
エルダル・イルディズ (Erdal Yildiz)Celal (セラル)
ペーター・シェラー (Peter Scherer)Gabor (ガボア)
ミゲル・デ・リラ (Miguel de Lira)Sargento Barreira (バレイラ)
ラシダ・ブラクニ (Rachida Brakni)Rachida (ラシダ)
ボリス・アルキエア (Boris Arquier)Claude (クロド)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP