幸せのちから

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

五歳の息子・クリストファー(ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス)と妻・リンダ(タンディ・ニュートン)とともにサンフランシスコで生活するクリス(ウィル・スミス)。生活は困窮していたが、クリスは医療機器のセールスに励み、生活を立て直そうと必死で働いた。しかし家賃の支払いすらままならず、一日16時間のパート労働を続けていたリンダも限界に達してしまう。息子を連れて出て行ってしまうリンダ。28歳になるまで実の父と会った事すらなかったクリスは、息子に自分と同じ思いをさせまいと心に誓い、彼を自分のもとに引き取る。しかし生活は悪化の一途を辿り、父子は医療機器の在庫を抱えてモーテル暮らしを強いられる。そんなある日、クリスは街中で真っ赤なフェラーリを颯爽と乗り付けた高級スーツの男を見かけ、声をかけた。「どうすればあなたみたいに成れるんだい?」。男は株の仲介人だった。聞けば学歴がなくとも証券会社の養成コースを受講すれば正社員採用の道が開けるというのだ。クリスは受講者募集の口を見つけ、定員に滑り込む為の猛烈アピールを開始する。彼の特技であるルービックキューブの技術に関心した採用者によって、養成コースの受講に成功するクリス。無給で六ヶ月の実地研修を続けた末、採用されるのは20人の内のたった一人だと告げられる。厳しい道ではあったが、今の生活から愛息子とともに抜け出す為にはこれしか無いと決め、クリスは勉強と顧客開拓に励んだ。一方生活は益々困窮し、二人は、ついにホームレスにまで身を落とす。手元に残っている金目の物は、壊れてしまった一台の医療機器だけだった。駅のトイレや教会の宿泊斡旋所などを渡り歩き、疲弊しつつもユーモアを絶やさない二人。そしてクリスは六ヶ月の研修期間を乗り切り、20分の1の採用者の資格をも見事に勝ち得た。未来が開けた喜びを噛み締めながら、クリスは息子をむかえに託児所へと急ぐのだった。


解説

困窮した生活の中、セールスマンをして家族の生活を支えていたクリス(ウィル・スミス)。困窮の度はいよいよ極まり彼はホームレスにまで身を落とすが、証券マンとして身を立てる道を切り開いて行く。実話を映画化した人間ドラマ。監督はイタリア映画界出身のガブリエレ・ムッチーノ。主演はウィル・スミス。共演は彼の実子であるジェイデン・クリストファー・サイア・スミス。


公開日2007年1月27日より
配給ソニー・ピクチャーズ
制作国アメリカ (2006)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
製作
撮影監督
プロダクション・デザイン
音楽
編集
衣装デザイン
字幕翻訳

キャスト

俳優名役名
ウィル・スミス (Will Smith)Chris Gardner (クリス・ガドナ)
タンディ・ニュートン (Thandie Newton)Linda (リンダ)
ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス (Jaden Christopher Syre Smith)Christopher (クリストファ)
ブライアン・ホウ (Brian Howe)Jay Twistle (ジェイ・トゥイッスル)
ダン・カステラネタ (Dan Castellaneta)Alan Frakesh (アラン・フレケシュ)
カート・フラー (Kurt Fuller)Walter Ribbon (ウォルタ・リボン)
タカヨ・フィッシャー (Takayo Fischer)Mrs. Chu (チュ夫人)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP