パピヨンの贈りもの

上映スケジュール



※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

パリに暮らす8歳の少女エルザ(クレール・ブアニッシュ)には、ささやかだけれど切実なひとつの願いがあった。放課後に大好きなママと二人きりで映画を観に行き、夕食にはハンバーガーを食べるのだ。しかし、看護助手をしながら一人でエルザを育てているまだ25歳の母親は、仕事に友達付き合いにと自分自身の生活に忙しく、今日もエルザは願い叶わず、何時間も待ちぼうけをくわされていた。エルザと同じアパートに住む老人ジュリアン(ミシェル・セロー)はそんな彼女を見かねて、自分の部屋へと招き入れる。腕のいい時計職人だったジュリアンも今では現役を引退し、趣味の蝶の蒐集に熱中する気ままな一人暮らしをおくっていた。ジュリアンにも、ささやかだけど切実なたったひとつの願いがあった。それはヨーロッパで最も美しいと言われる幻の蝶“イザベル”を手に入れること。もう何年もイザベルを探し求めていたが、どうしてもめぐり逢うことができないでいた。ある日、フランス南部のヴェルコールの山にイザベルが現れると聞いたジュリアンは、さっそく車で出発した。だが、とんでもない同行者がいることに気づく。なんと、エルザがこっそりと車に隠れていたのだ。エルザの母は友達の家に出かけていて、夜も遅いというのに連絡が取れない。翌朝、ジュリアンはエルザを警察に連れて行こうとするが、田舎の自然に触れたことのないエルザの、山や鳥、牛や蝶を見てみたかったという一言にほだされる。かくして少し不思議な組み合わせの二人の旅が始まった


解説

頑固で気難し屋の老人と活発な少女が、ひょんなことから一緒に幻の蝶を探す旅に出て、次第に歳の差を超えた友情を育んでいくハートフル・ムービー。監督・脚本は日本初紹介のフィリップ・ミュイル。主演は「約束 ラ・プロミッセ」の名優ミシェル・セローとこれが映画デビューの少女クレール・ブアニッシュ。


公開日2004年5月15日より
配給東京テアトル
制作国フランス (2002)
ジャンル 
スタッフ・キャスト


スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
製作
撮影
音楽

キャスト

俳優名役名
ミシェル・セロー (Michel Serrault)Julien
クレール・ブアニッシュ (Claire Bouanich)Elsa
ナード・デュー (Nade Dieu)Elsa's Mother
フランソワーズ・ミショー (Francoise Michaud)Cafe Waitress
エレーヌ・イリ (Helene Hily)Marguerite the Concierge
ピエール・ポワロ (Pierre Poirot)Police Commissioner
ドミニク・マルカス (Dominique Marcas)S?bastien Grandmother
イドヴィグ・ステファン (Idwig Stephane)Entomologis
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP