vol.35『GODZILLA 決戦機動増殖都市』

GODZILLA 決戦機動増殖都市

「アニゴジ見た?」

全三部作で描かれる、アニメーション映画『GODZILLA』(通称:アニゴジ)。

第二章が5月18日に公開になりましたが、皆さんもうご覧になりましたか?

昨年11月に公開された第一章『GODZILLA 怪獣惑星』はゴジラ史上初の3DCGアニメーション作品。

アニゴジ全三部作で描かれるのは二万年もの間、地球に君臨し続けてきた“ゴジラ”と、地球を取り戻すため絶望の縁に追い詰められながらもそれに抗う“人類”の物語。

第二章『決戦機動増殖都市』では、体高300メートルを超える歴代最大のゴジラ“ゴジラアース”を倒すためにシリーズ不動の人気を誇る“メカゴジラ”が新たな姿で現れる。

「小学校の朝礼で」

第一章の主題歌「WHITE OUT」、そして今回の第二章の主題歌「THE SKY FALLS」を歌うXAIさんにインタビュー。

XAIさんは、第8回東宝シンデレラ 初代アーティスト賞を受賞。

(サウンドプロデュースを中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)、作詞を蒼山幸子(ねごと)が担当。)

GODZILLA 決戦機動増殖都市

――ご両親が音楽好きで影響を受けたということですが、映画に関しては?

XAIさん:映画に関しては、両親が“ジブリ”作品が好きだったのでたくさん見てきて、あとはディズニーの「ファンタジア」などの作品ですね。「プラダを着た悪魔」も好きですね。ミュージカルも大好きでたくさん見ました。

――ゴジラはどうですか?

XAIさん:割と洋画を見ることが多かったので、クラシックなゴジラはあまり触れる機会はなかったんですけど、「シン・ゴジラ」はすごく好きです。

――主題歌とアニメがシンクロしたなと思うところは?

XAIさん:今回も中野さんと幸子さんに作ってもらって、中野さんの音楽の世界観、壮大さがアニゴジにとてもマッチしているな思いました。幸子さんも、さすが!というか、私のパーソナルな部分も含め、色んなことを考えて書いてくださっているので、作品と曲が合っているという声をたくさんいただきます。作品が本当に鮮烈なので、それを受け止められるような歌い方だったり、疾走感を意識して歌いました。

――歌を歌い始めたのはいつくらいからですか?

XAIさん:ミュージカルも好きでしたし、歌が好きだったのでずっと歌ってきて、ここからというのはないんですけど。アニメがとても好きで「マクロスF」という作品を見て、シェリル・ノームというキャラクターに出会ったときに、よりいっそう歌いたいなという気持ちが色濃くなりました。歌手になりたいなと強く思ったのは中学2、3年生の頃でした。

――ご自分でその頃から歌が上手いなと思っていた?

XAIさん:うーん。褒めてもらうことはあったんですけど。小学校の朝礼で歌ったりしていました。

――いまお話しているXAIさんと、歌っているXAIさんと印象が違いますが、歌うときは意識していることは?

XAIさん:特にこういう歌い方をしようと意識はしていないんですけど、「THE SKY FALLS」に関しては、サビの声のアタックというか、声の出し方、アプローチの仕方というのは今回とても意識しました。

――前作の「WHITE OUT」と比べると今回の方がより力強く感じました。

XAIさん:サビのところですね。ただ歌うだけじゃなくて、より聴いている人に受け止めてもらうにはどうしたらいいんだろうと、中野さんと話し合って決めていった歌い方です。

GODZILLA 決戦機動増殖都市

――歌うときに映画のシーンを思い浮かべながら歌っているとか、こういう気持ちで歌っているというものはありますか?

XAIさん:アニゴジを見た後に聴いていただく主題歌なので、そこも意識しつつ主題歌もひとつ別の音楽として聴いてほしいなと思って。幸子さんのサビの“ひとりにはさせない”というメッセージをが、自分が音楽をやっていきたいとか、シンガーになりたいとか、そう思った決意とリンクするものがあったので、聴いてくださる方に届いたらいいなと意識しました。あと、第二作を見てくださった方なら分かると思うんですけど、キャラクターの名前はだせないんですけど(笑)、そういう意味で“ひとりにはさせない”というメッセージは意識しました。

――エンドロールで自分の曲が流れるのを聴くのはどんなお気持ちですか?

XAIさん:もちろん、とっても光栄だなという気持ちもすごくありますし、(お客さんは)劇場でこのストーリーを浴びせられ続けるというか、受け止め続けるわけじゃないですか。その後に聴いていただいて、そういう気持ちを受け止められているのかなぁとか、どういう風に思ってくださっているのかなぁと。力になれていたらいいなという気持ちです。

GODZILLA 決戦機動増殖都市

映画のストーリーとともに変化、そして進化するXAIさんの歌声に注目です!

映画『GODZILLA 決戦機動増殖都市』主題歌
XAI 「THE SKY FALLS」
2018年5月9日(水)リリース
https://www.youtube.com/watch?v=qu-hzKZ7X8w

XAI オフィシャルサイト
http://x-a-i.com/

XAI 公式twitter
@XAI_official (http://twitter.com/XAI_official)

 

『GODZILLA 決戦機動増殖都市』
公開日:2018年5月18日(金)
劇場:全国にて
配給:東宝映像事業部
公式サイト:http://godzilla-anime.com/
(C) 2018 TOHO CO., LTD.

https://cinema.co.jp/title/detail?id=82740
GODZILLA 決戦機動増殖都市

神取恭子(かんどり きょうこ)

フリーアナウンサー、椙山女学園大学非常勤講師。愛知県西尾市出身、1977年生まれ。
現在は名古屋テレビ放送の情報番組「デルサタ」、音楽番組「BOMBER-E」にレギュラー出演。
2002年から名古屋テレビ放送(メ〜テレ)の局アナウンサーを勤め、番組「ドデスカ!」や「昼まで待てない!」などで映画監督、俳優、ハリウッドスター500人以上にインタビューを行い、舞台挨拶の経験も豊富。
他にも、報道現場でのリポートやスポーツ番組のリポーターを勤めた。
ANNアナウンサー賞 ナレーション部門受賞。
趣味は映画鑑賞(年間200本以上)、お肉を食べること(お肉検定1級)、プロレス観戦。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

お気に入り映画館

よく利用する映画館を登録しよう。登録した映画館の上映スケジュールが確認できます。

最新映画ニュース
第31回東京国際映画祭コンペティション部門に日本映画2作品を選出。 今泉力哉監督『愛がなんだ』、阪本順治監督『半世界』
第31回東京国際映画祭コンペティション部門に日本映画2作品を選出。 今泉力哉監督『愛がなんだ』、阪本順治監督『半世界』

2018.09.21

「この“タタキ”出品させていただきます!」新時代のアウトローたちによる青春エンターテインメント!『ギャングース』第31回東京国際映画祭、特別招待作品出品決定!
「この“タタキ”出品させていただきます!」新時代のアウトローたちによる青春エンターテインメント!『ギャングース』第31回東京国際映画祭、特別招待作品出品決定!

2018.09.21

イマジン・ドラゴンズ 新曲「ゼロ」が、映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』のエンドソングに決定!
イマジン・ドラゴンズ 新曲「ゼロ」が、映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』のエンドソングに決定!

2018.09.21

最新映画ニュース一覧

映画の最新情報はここでチェック!記者会見、お得なイベント情報など毎日更新!
セレブ・ニュース
『キャプテン・マーベル』、予告編が解禁
『キャプテン・マーベル』、予告編が解禁

2018.09.21

アンジェリーナ・ジョリー、新作映画で製作兼主演
アンジェリーナ・ジョリー、新作映画で製作兼主演

2018.09.21

ブラッドリー・クーパー、ホアキン・フェニックス主演『ジョーカー』のプロデューサーに
ブラッドリー・クーパー、ホアキン・フェニックス主演『ジョーカー』のプロデューサーに

2018.09.21

セレブ・ニュース一覧

気になるハリウッド・セレブの最新情報を“セレブのメッカ”ハリウッドから毎日お届けします☆
プレゼント
『かごの中の瞳』映画プレスシート(非売品)

グッズ3名様

『かごの中の瞳』映画プレスシート(非売品)
『若おかみは小学生!』オリジナルノート&シールセット

グッズ5名様

『若おかみは小学生!』オリジナルノート&シールセット
『若おかみは小学生!』映画版高坂監督&テレビ版増原監督 直筆イラスト入りサイン色紙

グッズ1名様

『若おかみは小学生!』映画版高坂監督&テレビ版増原監督 直筆イラスト入りサイン色紙

プレゼント一覧


TOP