「一度でいいから子供に愛されたい...」と願うギャビー・ギャビー 一途さに共感する人続出!新木優子の演技にも絶賛の声!『トイ・ストーリー4』吹替版本編シーン公開

2019.07.10

0710_003

 
おもちゃたちの世界を舞台に、人とおもちゃの絆をドラマティックに描き、世界中の観客を感動の渦で包み込んだディズニー/ピクサーの大傑作「トイ・ストーリー」シリーズの最新作『トイ・ストーリー4』が7月12日(金)より公開となる。本作では、「一度でいいから子供に愛されたい・・・」と願い続ける女の子のお人形ギャビー・ギャビーが登場!見事オーディションに勝ち抜いた新木優子が声優を務めるギャビー・ギャビーが唐沢寿明演じるウッディと初めて対面する本編シーンが公開。一途で健気なギャビー・ギャビーに共感する人続出!さらに本作で声優初挑戦となる新木優子の吹替にも早くも大絶賛の声が集まり話題となっている。

 
公開されたのは、アンティークショップに迷い込んだウッディと自分のことをゴミだと思っている手作りおもちゃフォーキーが、ギャビー・ギャビーと初めて出会うシーン。ギャビー・ギャビーは可愛らしい見た目の女の子のお人形だが、音声装置の故障によりおしゃべりをすることができず、一度も子供に愛されたことがない。一度でいいから子供に愛されたいと願うキャラクターだ。そんなギャビー・ギャビーについて、ジョシュ・クーリー監督は「ギャビー・ギャビーは一度も子供に愛されたことがない。だから彼女は子供と一緒に過ごすというのはこんな感じに違いない、という空想にすがりついているんだ。彼女の純粋な想いや物語にも感情移入できるはずだよ」と語る。劇中では子供に愛されるために身なりを整えたり、頬のそばかすを自分で描いたり女の子らしさ満載。いつか子供と一緒に遊ぶことを夢見てティータイムの練習をするなど、一途な思いを持つキャラクターなのだ。そんな子供に対するまっすぐな想いと愛されたいと願い健気に頑張る姿に、一足早く試写会で本作を鑑賞した人々から SNS 上で共感の声が相次いでいる。「ギャビー・ギャビーの物語が最高に泣かせる」、「ギャビー・ギャビーちゃん推しです。かわいすぎてつらい…」、「ギャビー・ギャビーに心射抜かれました。見た目も雰囲気も性格も生い立ちも全てが愛おし過ぎました」、「なんて可愛いんだ…ギャビー・ギャビー…」と、ギャビー・ギャビー推しが続出。誰もが共感できるおもちゃのキャラクターが誕生した。

 
さらに、そんなギャビー・ギャビーを演じる新木には大絶賛の声が上がっており、「ギャビー・ギャビーの声にぴったりだった!」、「新木さんのギャビー・ギャビー素晴らしすぎた」、「新木さん予想超えて上手すぎ!」と大好評。声優初挑戦ながらオーディションを勝ち抜いているだけあって、実力とともにギャビー・ギャビーのイメージにぴったりのようだ。新木優子演じるギャビー・ギャビーが日本のファンからも愛されることは間違いないだろう。

 
ピクサーの【過去作を上回る“語るべき物語”がある場合以外は続編を作らない】という言葉通り、これまでの『トイ・ストーリー』とは違う“何か”を予感させる本作。最後にウッディが選んだ驚くべき決断とは?この夏、「トイ・ストーリー」史上最大の奇跡が遂に幕を開ける!『トイ・ストーリー4』は 7 月 12 日(金)全国公開。

 

「トイ・ストーリー4」ギャビー・ギャビー(吹替)
http://youtu.be/kxucD3eyhvM

『トイ・ストーリー4』

公開日2019年7月12日より
劇場全国ロードショー
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式HPhttps://www.disney.co.jp/movie/toy4.html

(C)2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP