トム・ハンクス、『トイ・ストーリー4』は大感動作

2018.11.06

トム・ハンクストム・ハンクスは『トイ・ストーリー4』のエンディング収録時、あまりに感極まったことから共演者たちと顔を合わせられなかったそうだ。同人気アニメシリーズで主役のウッディ役の声を務めるトムは、その最後となるシーンの際、他の人たちの顔を見たくなかったという。トムはその物語の詳細については明かさなかったものの、感動的で歴史的な瞬間を目にする心の準備をしておくようにと呼び掛けた。1995年の第1弾からウッディの声を担当しているトムは、子供のおもちゃを描いたこのシリーズがここまでヒットしたことについて、撮影技術はもちろん、描写される感情が、深く、核心を突くような影響を持っているところがこの作品の素晴らしいところだとしている。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP