ジョアン・リバース、死因は外科合併症だった!

2014.10.20

ジョアン・リバースジョアン・リバースの死因は外科合併症だったようだ。8月28日に声帯の手術を受けている最中に昏睡状態に陥り、先月4日に帰らぬ人となったジョアンの検死結果が発表され、死因が手術中における脳への酸素不足が原因だったことが分かった。ジョアンはニューヨーク内にあるヨークヴィル・エンドスコピー・クリニックで声帯の手術を受けている最中に心拍と呼吸が停止し、マウント・サイナイ病院に搬送されていたが、今回の検死発表により、この手術における医学療法の予測できる合併症が原因であったことが証明された。ジョアンの葬儀は先月7日、マンハッタンにあるユダヤ教エマニュエル寺院で執り行なわれていた。


ジョアン・リバース(Joan Rivers)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
TOP